BETTA FLASH   photo
TOP > LIVE > EXTRA -HYPER GAME MUSC EVENT 2008- ライブレポートが到着!
LIVE
EXTRA -HYPER GAME MUSC EVENT 2008- ライブレポートが到着!

【EXTRA -HYPER GAME MUSIC EVENT 2008-スペシャルライブレポート】
                                   2008/10/13(Mon)@新木場STUDIO COAST
000.jpg

EXTRA 2008 - BETTA FLASH Setlist -

01. 鳳舞 –Feng Wu-
02. RUINED GREEN
03. 6th body
04. HORIZON
05 .Ray’z BEYOND



2008年10月13日、今年で第二回を迎えるゲームミュージックの祭典
「EXTRA -HYPER GAME MUSIC EVENT 2008-」が新木場STUDIO COASTで開催された。
2,000人を超えるゲームミュージックファンで埋め尽くされた会場は
開演前からファンの熱気で溢れ返っていた。


1組目「トリオ・ザ・DS-10」がエンターテインメント性に富んだステージを披露した後、
会場のモニターにBETTA FLASHのVTRが映し出される。

001.JPG002.JPG


幻想的なブルーの光の中、ステージ上に黒い衣装に身をまとったTAMAYOが登場すると、
一際大きな歓声が湧き上がる。

1曲目、セガProject STGイメージソング「鳳舞 –Feng Wu-」を初披露。
美しく神秘的な楽曲に会場全体が静寂に包まれ、
BETTA FLASH/TAMAYOの世界が創り上げられる。
003.jpg004.jpg


そして、幻想的な響きを断ち切る様にノイズが増大し、一瞬のブレイクと共に2曲目、
セガ「THUNDER FORCE VI」からのナンバー「RUINED GREEN」が切り込む。

静から動へ。

一変して激しく交差する照明と、TAMAYOの孤高のステージングに
往年のシューティングファンの歓声が一層大きくなる。

途切れることなく3曲目「6th body」のイントロが流れると、激情のレッドに身を包んだCyuaが登場。
ファンの歓声に答える様にCyuaは伸びやかな歌唱を披露する。
ステージを自由に舞うCyuaとサウンドの屋台骨を支えるTAMAYOのコンビネーションは絶妙だ。
005.JPG006.jpg


MCを挟んでの4曲目はBETTA FLASHオリジナルアルバムからのナンバー「HORIZON」。
民族音楽への傾倒を強く感じさせる楽曲はこの日のセットリストでは一際異彩を放つ。
民族音楽とテクノミュージックが見事に融合したBETTA FLASH真骨頂のナンバーである。
007.JPG008.jpg


そしてステージを締めくくるラストナンバー「Ray’z BEYOND」をコール。
昨年のEXTRAでも披露されたこの曲はEXTRAにおけるBETTA FLASHの定番曲。
会場モニターに大きく映し出されるRAYSTORMのCGアニメーションとの連動により
BETTA FLASHのステージは最大のピークを迎える。

演奏中盤にはTAMAYOとCyua自らが手書きのメッセージを書き入れた
カラーボールを客席に投げ入れるファンサービスも。
このサプライズに会場が一体となる盛り上がりを見せる。
009.JPG010.jpg


ラスト、全身全霊で「Ray’z BEYOND」を歌い切り、大興奮の中BETTA FLASHはステージを終えた。


011.jpg012.jpg


「来年も会えるように」とのメッセージを残しステージを後にしたBETTA FLASH。
1年後、BETTA FLASHは大きな進化を遂げてファンの前に姿を現すことは間違えないだろう。



←もどる

pagetop