BETTA FLASH   photo
TOP > たまっぱ > 何から伝えればいいーのか・・・
たまっぱ
何から伝えればいいーのか・・・

%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93%E5%81%B5%E5%AF%9F%E9%9A%8A%E3%83%96%E3%83%AD.jpg

ドーモ、仕事に熱中していると、ブログの存在が希薄になってしまうようで・・・なんてね・・・。
とにかく、間あけちまって・・・スミマセヌ。


先日、インプラントの手術をしました。

小っさい頃、私の左っ側の犬歯、乳歯が抜けても全然生えてくる気配がなかったんで、中学生になってから、歯医者さんでみてもらったら、永久歯が先天的になかったらしいんです。

そいで、今までずっといわゆるブリッジってので過ごしてきたのですが、現在の私の「美歯マニア」の主治医(歯医者さんだから歯マニアは当たり前かも知らんが)の、強い要望でインプラントにすることにしたのです。ウウ。

私の先生、他人の歯を美しくする事に命を掛けていて、(イヤ、掛けてないけど、「美歯マニア」だから)、ありとあらゆる美しくなる方法で、私の歯を美しくしてくれているのでございます。合掌。


が、しかし、その手術内容ときたら・・・想像したら気を失ってしまうような恐ろしい内容だったので、意識を遠くに持って行きながら、なるべくイメージを浮かべないように・・・その説明を聞いたんですけど、大抵、まず歯茎を切り開いて、その奥にある骨(顎の)にドリルで穴を開けて、そこに義歯を装着する為のソケットのようなものを嵌め込むんだって、ググッ。それだけで、フラ〜って感じです。

さらに私の場合、存在しない犬歯の永久歯があるべき空間を埋めるべく、横っちょのお方(歯)がそこグィっと入り込んで来てるんだって、斜めに。(CT撮ったの)

だから、そのままドリルを突っ込むと、その歯を傷つけちゃう恐れがあるらしくて、一旦その歯を抜いて(健康な歯なのよ)、骨に穴開けて、ソケットを装着して、その後ハフィッと抜いた歯を元に戻すんだって・・・。ヒィ・・・。(涙目)


以前、親不知が痛んだ時、まだかなり歯茎の中に埋まっていた状態だったので、歯茎を外っ側に大きく切開して、歯をむき出しの状態にしてから抜きます、と言われて、バックレたことがありますが、そんな、それ以上に恐ろしい驚愕の手術に耐えられるだろうかと、手術までの数日間ガクガク震えていました。


しかし、歯の治療で、一番怖いもの、と言えば、やっぱアレですよ、あの、キィーーーーンってな音。
自慢じゃないが、耳だけは割と良いのです。と、人にも言えるほど自負しておりますが、そんな繊細な耳(と言うか、とにかく全ての音が入ってくるのです)で、あんな超高速回転音&轟音&ドリル音を長時間も聞き続けなければならないなんて・・・!!
考えただけでも、月に飛んで行きたくなります。


ア〜全身麻酔してくれないだろか、と、色々考えたんですが、あの轟音に勝つ為には爆音で耳を塞ぐしかない!
なんて思って、ipodで音楽を聞きながら手術に臨みました。アッタマイ〜!


何でも良いから爆音をと、ジャンルの中から「Electronica/Dance」てやつを選択しました。
そしたら演奏されたのは「Aphex Twin」だった。
機械音を消すために、機械音を聞いてるなんて、なんだかもー可笑しくなっちゃって、厳重に施された麻酔薬のために麻痺した唇を上げられずに、苦しみながらも、ずっと笑ってました。
(ただ、ラリってただけなのかもしれませんが)

ちなみに「Aphex Twin」の次に入っていたのは「Christian Fennesz」だった。
どっちみちノイズで補えっちゅー事なのね。フフフ。


結局、ipodからの爆音でも、キィーーーンてのもドリルの音も消えなかった。
しかし、歯医者さんのBGM(グレイテストヒッツin USA!!みたいなやつ)や、今骨を削ってるのかな、とか、歯茎を縫っているのかな、とかや、先生お二人の会話も聞こえず、意識を手術中心に持っていかなくて済んだから随分楽だった。
お隣の歯も抜く事なく(自然に自分の持ち場に帰ってったらしい・・・?)、無事終了したのでした。
さすが先生!!オトコマエ!!(言っとかないと)


しかし!さすがに、歯茎開いて骨にグリグリ穴開けて、異物を装着しただけの事はある。
顔がめっちゃ腫れました!アンタ誰??って、全然知らん人になった。
まるで、コーネリアスみたいだ!激似!この表現、我ながらピッッッタシだったと思う!!!


アア。すんごい長く書いちゃったなァ〜。まだまだ、書こうと思ったことあったんですが、次回にします。
だから、マメに書いとけってのよね。はい。


あ、ところで、前回の続き、その日の内に2曲の歌詞が出来たのか、ってやつですが、やっぱ出来なくて、木曜まで掛かってしまいました。

その曲は完成したのですが、いつかお聞かせ出来ると思うのです・・・。
今年中には、だろうか?
とっても前倒しなんです!几帳面で。いや、当然ですか。

とにかく、今しばらくお待ちくださいませ。
(勿論、例のものもやってます!!)


この写真、ひつこく宮古島なんですが、泊まった宿の主人(の猫)が客人の部屋を偵察に来ている所です。
「ニャー(開けろ)!」と声がしたので、ドアを開けるとスッと入って来て、何やらチェックしつつ、ぐるっと見回して帰って行きました。

何も変なもん、持ってないっすよ。(や、特に意味はないんです〜。言っとかないと!!)



←もどる

pagetop