BETTA FLASH   photo
TOP > たまっぱ > ダガツキ
たまっぱ
ダガツキ

%E6%A2%AF%E3%81%95%E3%82%931.jpg


先日、パーカッショニストの梯さんに、アラブっぽい太鼓のレコーディングをお願いしました。
「HORIZON」以来、だから・・・ン年ぶりです(計算は苦手)。

せっかく、カメラ目線を頂いたのにモヤモヤしちゃってます・・・。緊張してたんですね私、きっと。すみません。


しかし、パーカッショニストというのは、実に、実に沢山の楽器(打楽器)を持ってらっしゃるのです!
写真1枚では収まりきらなかったので、初の2枚です。


赤いファイバーボックスの中身は全部楽器です。様々な鳴り物が入ってました。
青い太鼓は、Darbukkaでしょうか?手に持ってらっしゃるのもそうですね。Dumbelekとも言います。Tablahとも・・・。

国によって、色んな呼び方があるらしいです。デッカイタンバリンの鈴なしのようなのも、Darbukkaっていうんですね。

以前イスタンブールに行った時に、楽器屋さんの人が演奏しているのを、何て言う楽器か尋ねたら、そう言ってました。
その時、たまたまそこにプロのSazミュージシャンが居合わせたらしく、エレキSazとDarbukkaで俄セッションしてくれたんだけど、もーめっちゃ良かった。こーゆーのがいいんすよ。現地でパパッて感じがね。超いい感じ。

タクシム広場からトラムで1駅です、楽器店ばっかある通りがあるんです。ご興味があれば・・・。


なんか中東系の音って燃えるんです。
どうゆう民族音楽が好きかというと、結局そっち系統?みたいな感じかも。


今回は、ちょっぴり「和」みたいな雰囲気の曲だったんだけど、次回はもっと、根が生えたみたいな、土に着いてるっつーか、正統派なのやってみたいな・・・。


%E6%A2%AF%E3%81%95%E3%82%932.jpg


ご本人のすぐ目の前にある、Bell Treeのような物(Bell Treeですが)、演奏する部分、実は釘なんです。

普通、Bell Treeは、金属の細長い棒なのですが、これは手作りなんだそうで・・・長さの違う釘が、長い方から短い方へ順繰りにぶらさがっているのです。
でもいわゆる一点ものだから、なくなっちゃったらスペアはないそうで、何本か抜けていました。

しかし、これがとっても繊細で美しい音色を醸し出すのですよ。う〜ん、イイ!!
一曲中丸々入っててもイイ!癒される〜。これのソロでもイイ!!(74min.)


ちなみに、ミニサイズのカフェテーブル(Darbukkaです)の上にあるのも楽器です。これがまた、驚くべき音が・・・余韻がすごいんです。キラ系です。(名前忘れた)
ア、よく見たらミュージックボールじゃないですか。ピンポケ過ぎっしょ。占い師が使うみたいなやつです。


しかし・・・短パンですよ!!確かに夏だし、暑いしだけども。
基本的に大人の男性の短パンがツボ。めっちゃフレンドリーで和みました。


梯さんは、パーカッション4人で、クラシックや現代音楽などを演奏する、ちょっと珍しいコンサートなども定期的にされてるそうです。
でも即興じゃなく、ちゃんと楽譜があるとか。楽譜ないとね。演奏出来ないから。
しかし、打楽器って幅広いんですよね。木琴とかグロッケン、マリンバもそうですもんね〜。なんでも出来る。

でも本当はプログレがお好きで・・・私も好きなんですよ。特にキング・クリムゾン派です!!
(何派に対して、って訳ではないですが!!)


梯郁夫さん、色々載ってると思うので見てみてください!

http://www.utsukushinosato.jp/IKUO_Kakehashi.html ☜ゴメン、貼り方が・・・


★今日、民ちゃんの誕生日じゃないすか!オメデトウ!!(ナイス記憶力)



←もどる

pagetop